令和元年度補正予算・令和3年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>の公募について

 

◇令和元年度補正予算・令和3年度補正予算 小規模事業者持続化補助金の公募を下記の通り受け付けます。

小規模事業者等(注1)が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更等に対応するために取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。

本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、地道な販路開拓等の取組や、その取組と併せて行う業務効率化 (生産性向上の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

本補助金の申請にあたっては、地域の商工会が申請内容を確認したうえで発行する事業支援計画書(様式4)が必須となります。(様式4)の発行についても、期限を定めていますので、お早めにお近くの商工会へ相談いただきますようお願いします。

〇補助上限:[通常枠] 50万円   [ 賃金引上げ 枠] 200万円

[卒業枠] 200万円  [ 後継者支援 枠] 200万円

[創業枠] 20 0 万円  [インボイス枠] 100 万円

〇補 助 率:2/3( 賃金引上げ 枠 のうち赤字事業者については3/4)

〇対象経費:機械装置等費、広報費、 ウェブサイト関連費、 展示会等出展費(オンラインによる展示会・商談会等を含む)、旅費、開発費、資料購入費、

雑役務費、借料、設備処分費、委託・外注費

 

(注1)小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社<企業組合・協業組合を含む>および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

 

1.受付締切

1回〜第7回の受付は締め切りました。

第8回受付締切:2022年  6月  3日(金) 当日消印有効 ※商工会による事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2022年5月27日(金)

第9回受付締切: 2022年 9月中旬 ※商工会による事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2022年 9月上旬

第10回受付締切:2022年12月上旬 ※商工会による事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2022年12月上旬

第11回受付締切:2023年 2月下旬 ※商工会による事業支援計画書(様式4)発行の受付締切:原則2023年 2月中旬

 ※第9回受付締切以降の正式な日程は、今後改めてご案内します。

 

2.応募方法

申請書類一式を郵送によりご提出ください(持参は不可)。

電子申請(Jグランツ)の場合は下記「6.Jグランツ申請」より確認ください。

詳細は、公募要領や各種様式を参照ください(下記「3.各種様式」)。

 

3.各種様式(様式ダウンロード)

公募要領【第3版】PDF

 ・応募時提出資料・様式集ZIP

 ・交付PDF

 ・交付式集ZIP

 ・参考資料PDF

 ・よくある質問PDF

 ・ガイドブックPDF

 

4.問い合わせ先

広島県商工会連合会 小規模事業者持続化補助金事務局

住所:〒730-0051 広島市中区大手町3-3-27

   電話:082-247-0221 ※問い合わせの対応時間:8:3012:0013:0017:15(土日祝日、年末年始を除く)

 

5.注意事項

   商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者については、別途、日本商工会議所が公表する公募要領等をご覧ください。(広島県商工会連合会へ

の申請書類提出はできません)。 (例)広島市の場合、中区・西区・南区・東区(一部地域を除く)で事業を営んでいる場合は広島商工会議所管轄地域

 自身の地域を管轄する商工会、商工会議所が不明な場合は、お早めにお問い合わせください。

 

6.Jグランツ申請について

   Jグランツでの申請の場合はこちらより直接申請してください。

(第8回受付申請分)https://www.jgrants-portal.go.jp/subsidy/a0W2x000006EspeEAC

 ・電子申請にあたっての様式および手引き等の関連書類はHPよりダウンロードのうえ、利用ください。

・本事業の電子申請に際しては、補助金申請システム(名称:Jグランツ)の利用になります。Jグランツを利用するにはGビズIDプライムアカウントの取得が必要です。アカウントの取得には数週間程度を要しますので、利用ご希望で未取得の方は、お早めに利用登録を行ってください。同アカウントは、事業者情報の再入力の手間を省くため、採択後の手続きにおいても活用いただけます。

・ホームページに「申請におけるJグランツ入力手引き」を掲載していますので、申請時に活用ください。

 

※電子申請システム「Jグランツ」の利用環境

Jグランツの動作確認済み環境は以下のとおりです。下記のブラウザの最新バージョンをご利用ください。下記以外のブラウザ(InternetExplorer等)は、申請上のエラー等が生じますので利用しないでください。

Windowschromefirefoxedge()

macOSchromefirefoxsafari

Androidchrome

Microsoft edgeの「InternetExplorerモード」は申請上のエラー等が生じますので利用しないでください。

 

 

 

小規模事業者持続化補助金(採択者向け情報)

 

◇採択者のみなさまへのお願い

「交付決定通知書」を受領されると補助金事業者となります。補助事業者が補助事業を実施する際は、以下の「交付要綱」や「補助事業の手引き」などをご確認のうえ、適正な実施をお願いいたします。

    書類提出の際は、不備、不足のないように「補助事業の手引き」をご確認ください。

 【要確認資料】

 ・交付2022年4月27日改定)

 ・交付規程新旧対2022年4月27日改訂版)

 ・交付規程に式集(ZIP)

 ・補助事業の手引き(本体事業)

 ・補助事業の手引き(事業再開枠)

 ・補助事業の手引き(第3回受付締切分)

 ・補助事業の手引き(第4回受付締切分)

 ・補助事業の手引き(第5回受付締切分)

 ・補助事業の手引き(第6回受付締切分)

 ・補助事業の手引き7回受付締切分

 ・参考様式

   参考様式15経費支出管理表_式有(別紙5 単独)

参考様式16経費支出管理表_計算式有(別紙5 共同申請)

 【記入例】

 ・様式第4(変更申請)記入例 

様式第8(実績報告)記入例

 

 

 

◇「小規模事業者持続化補助金」における圧縮記帳について

「小規模事業者持続化補助金」制度を利用した固定資産の取得又は改良に充てるための補助金については圧縮記帳が認められます。

「小規模事業者持続化補助金」における圧縮記帳について(PDF

 

 

(令和4年3月30日更新)